再生プラスチック製軽量敷板「リピーボード」の販売・レンタル、その他再生プラスチック製品を中心とした製品の販売。

製品情報
この開発は循環型社会実現の一助となり、国連のSDGSに適合しています。
リピーペレット(R)

架橋ポリエチレン可塑化ペレット

リピーペレット(R)

リピーボード製造元の株式会社オオハシにて経産省/中小企業庁の「戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)」に採択され、山形大学・協力企業と共に「架橋ポリエチレン」の架橋点を物理的・化学的に切断し、元のポリエチレンの状態に近づける技術(可塑化)を開発しました。(現在特許出願中)

デジタルパンフレットはこちら

電力/通信ケーブル処理の現状

導体部分の「銅」や絶縁体部分の「ポリエチレン」に関してはリサイクルされているが、絶縁体として使用されている「架橋ポリエチレン」は熱を加えても溶解せず再成型できない為、一部燃料となるものの産業廃棄物として埋立処理されていました。そこで株式会社オオハシは架橋ポリエチレンを再資源化する技術開発及び難燃シース材を用いた制振樹脂板に注目し、研究をはじめました。

電力/通信ケーブル処理の現状

オオハシの架橋ポリエチレン再資源化工程

オオハシの架橋ポリエチレン再資源化工程
この技術開発は大学・協力企業との協力によって行われています。


物性データ(代表値)

製品名:リピーペレット XLーLDーA
(架橋ポリエチレン可塑化ペレット)
 

単位

実測値

測定法

MI g/10min 0.1-0.5 JIS K7210-1準拠
引張降伏応力 MPa 10-16 JIS K7162/5A/10準拠
伸び 200-300 JIS K7162/5A/10準拠
カーボン濃度 2-3 NTT法準拠
ゲル分率 25 以下 JIS K6796準拠
目視

※これらの値は代表値であり、保証値ではありません。
※個別の物性値につきましてはご相談させてください。


ペレット形状 ストランド製法
荷姿 フレコン/25㎏紙袋

このペレットはポリエチレンへの配合はもちろん、ゲル分率(架橋度)を少し残していますので製品の耐熱性向上が期待できます。


お問い合わせ・お見積り

プライバシーポリシーは こちら をご覧ください。


ページトップへ

株式会社リピープラス

本社事務所
〒230-0061 神奈川県横浜市鶴見区佃野町10-1 タクトホーム鶴見ビル2F TEL:045-502-3052 / FAX:045-502-3053